東近江市の暮らしの情報をお届けします。これからもよろしくお願いします!!

縁側カフェ~まちの中の暖かいカフェ~

縁側カフェ~まちの中の暖かいカフェ~

街の中に暖かく、心地よい空間を作ろうと始められた縁側カフェ。蒲生図書館の裏にあるテラスを利用して、月に一度第三土曜日に開店しています。

 

 

 

このカフェは、応援塾が3年前から始められています。最初は、まだらだったお客さんも少しずつ増えて、今では毎月の縁側カフェを楽しみにしておられる方も増えてきているそうです。

応援塾は、蒲生地区まちづくり協議会の一つの活動で、シニア世代の元気づくりを活動テーマに、縁側カフェの活動を行っておられます。手作りの机やいす、そして、屋台を改造して作ったカウンターがあり、一杯100円のコーヒーを売っておられます。暖かい雰囲気は、手作りのものがあるからこそ感じられるものなのでしょうね。

そして、コーヒーだけでなく、地元のパン屋さんが焼いた米粉パンも販売しています。米粉パンは、今では熱烈なファンが多く、開店からすぐに売り切れてしまうほどの人気だそうです。ぜひお買い求めの際は、早めにお越しくださいね。

 

 

多くの人がここにきてよかったと思うのは、おいしいコーヒーを飲みに行くだけでなく、そこで出会う人とのつながりを楽しみにされている方も。会話を楽しみながら、ゆったりと過ごすことができる。そして、スタッフの人との距離がとても近いカフェ。人との出会いやつながりを大切にする縁側カフェの魅力の一つだと思います。

 

 

縁側カフェは、毎月、蒲生図書館で13:00~16:00まで行われていますが、各地で行われてりるイベントに呼ばれて臨時営業することもあるそうです。

のんびりとゆったりと流れる時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。忙しい毎日をすごしておられる人にはおすすめです。