東近江市の暮らしの情報をお届けします。これからもよろしくお願いします!!

おすすめ

post1

手芸教室講座 「コバト手芸教室」

手芸教室講座 「コバト手芸教室」
「コバト手芸教室」は、八日市高校のすぐ横にある、「やすらぎ交流ハウス」で行っています。   モデルハウスを改築した綺麗な建物内の一階の一室から、大勢の楽しそうな笑い声が聞こえてきます。   扉を開けると、同世代の女性達がかぎ針を持ちながら、和気あいあいとセーターやベスト、マフラーを熱心に編んでいました。       講師の小寺和子さんが手芸教室を立 ・・・

post2

「子どもたち(ときには大人も)の自主性や冒険心、好奇心がいっぱいの遊び場」  八日市☆冒険遊び場

「子どもたち(ときには大人も)の自主性や冒険心、好奇心がいっぱいの遊び場」  八日市☆冒険遊び場
  八日市☆冒険遊び場は、東近江市役所近くの「大水(おおずい)児童公園」で子どもたちに遊び場を提供しています。   始まりは、子どもたちが公園で遊んでいる姿を、あまり見なくなったことがきっかけです。冒険遊び場のルールは簡単、いつ来てもいいし、いつ帰ってもいい。遊びは、自分たちで考え自分のしたいことが遊びになります。 ここで遊ぶうちに、自然と挨拶ができるようになり、転んでもすぐに ・・・

post3

いこいの森を目指して~中野地区50年森整備事業

いこいの森を目指して~中野地区50年森整備事業
  東近江市今崎町、東近江福祉センターハートピアの裏側に広がる「50年森」。この森が、中野地区まちづくり協議会のみなさんの手によって美しく蘇りました。   2011年に作業に着手する前の50年森は、木々がうっそうと生い茂り、暗く、荒れ果てた放置林でした。作業を開始すると、待っていたのは大量のゴミでした。 50年森には中央を貫く形で「万石堤」という、江戸時代にこの土地を治めていた ・・・

post4

あいとうふくしモール

あいとうふくしモール
あいとうふくしモールとは、障害があっても、認知症があっても、どのような症状になっても安心して暮らせる拠点づくりに取り組むプロジェクトです。「モール」とは様々な機能を有する福祉サービス事業所が、ショッピングモールのように軒を並べるイメージで、地域の広範なケアのニーズに24時間対応していこうとすることから名付けたものです。

post5

市内の情報を集めた情報誌「魅知譜請」

市内の情報を集めた情報誌「魅知譜請」
この度、緑の分権改革実現につながる、地域資源を活用した取組みを紹介する小冊子「魅知普請~魅力と知力と民力でつくるまち~」を発行いたしましたのでご覧ください。 魅知譜請は、市役所や支所にございます。無料ですので、ぜひご覧ください。

post1

東近江地域医療連携ネットワーク研究会

患者さん本位の視点に立った医療・保健・福祉・介護の切れ目のないサービスの提供体制を構築するため、関係機関の機能分担と連携のあり方を検討しています。「患者よし・機関よし・地域よし」の三方よしを目指して、平成19年度から、毎月1回、圏域内の病院・診療所・介護施設・公共機関などの関係者が一堂に集まり「顔の見える関係づくり」を行っています。圏域内の脳卒中の連携事例や連携パスの共通様式の検討、その時々に応じ ・・・