東近江市の暮らしの情報をお届けします。これからもよろしくお願いします!!

おすすめ

post1

道の駅マーガレットステーション~あいとう直売館~

道の駅マーガレットステーション~あいとう直売館~
すべて地元で収穫されたものばかり。一つ一つの農産物に生産者名を表示しているので、作り手の顔が見えて安心です。 豊かな自然にはぐくまれた地元の旬のとれたて野菜や果物を販売しています。 営業時間 夏期 9:00~18:00(5月~9月) 冬期 9:00~17:30(10月) 9:00~17:00(11月~4月) 休館日 ※12月~4月は毎週火曜日が ・・・

post2

菜の花プロジェクトの取り組み

菜の花プロジェクトの取り組み
安全な大地を自然の力で取り戻そう――。滋賀県のNPO法人が、原発事故の被害を受けた福島県の農地に菜の花を植え、土壌中の放射性物質を取り除く活動を始めた。吸収力が強い特性を生かした取り組みで、今秋に種まきをする予定だ。菜種油をバイオ燃料として販売し、農家の収入源とする構想もある。

post3

あいとうふくしモール

あいとうふくしモール
あいとうふくしモールとは、障害があっても、認知症があっても、どのような症状になっても安心して暮らせる拠点づくりに取り組むプロジェクトです。「モール」とは様々な機能を有する福祉サービス事業所が、ショッピングモールのように軒を並べるイメージで、地域の広範なケアのニーズに24時間対応していこうとすることから名付けたものです。

post4

晴れやかファーム

晴れやかファーム
農薬や化学肥料となる原料はかなりの割合を輸入に頼っており、世界の食糧事情を考えるといつまでも必要な原料が必要な時に入手できるかどうかはわかりません。 もちろん農薬や化学肥料を使わずに安定して野菜やお米が生産できる技術があれば、それらを使う必要はありませんので、将来の選択肢のひとつとして、無農薬栽培、有機肥料で育てる循環型の農業の技術を確立していくことも大事だと思います。 晴れやかファームが自社 ・・・

post5

東近江地域医療連携ネットワーク研究会

患者さん本位の視点に立った医療・保健・福祉・介護の切れ目のないサービスの提供体制を構築するため、関係機関の機能分担と連携のあり方を検討しています。「患者よし・機関よし・地域よし」の三方よしを目指して、平成19年度から、毎月1回、圏域内の病院・診療所・介護施設・公共機関などの関係者が一堂に集まり「顔の見える関係づくり」を行っています。圏域内の脳卒中の連携事例や連携パスの共通様式の検討、その時々に応じ ・・・